NHK放送文化研究所が、5年に1度の頻度で「国民生活時間調査」という調査を行っています。「人びとの1日の生活を時間の面からとらえ、生活実態に沿った放送を行うのに役立てるためにNHKが1960年から5年ごとに実施しているもので、2010年調査が11回目でした。2011年頃、自分の生活で時間をどのように使っているかについて強い関心を持っていて、その時に買ったものを改めて読み直しました。調査結果のまとめを紹介しつつ、自分の感想を一部書きます。
 
 1. メディア利用
  1) テレビを見る人は微減したが、なお続く長時間視聴
   −若年層のテレビ視聴の減少…平均2時間を切る
    →それでも若年層の80%はテレビを見ているとはいえ、テレビの前にいるという習慣が減ってきているように思います。
   −高齢層のテレビ視聴の増加…平均5時間半を超す
    →仕事を辞めた後の父はいつもテレビの前にいました。

 2) インターネット・20〜30代の利用多し、高齢層もやや伸びている
   →私は毎日長時間ネットしています。高齢層もスマホで使い始めてる。

 2. 仕事と家事
  1) 朝と夜に広がる仕事時間帯
  2) 依然女性が長いものの、「女性減少」「男性増加」傾向
   −女性…平日も休日も4時間半
   −男性…平日は1時間切る、休日は1時間半
  3) 早めに帰宅し家事にも取り組む男30代−「子どもの世話」あり
   →休日に街を歩くと夫婦で子育てをしている光景をよく見るので、結構そんな気がする。

  4) 女30代は家事中心だが仕事にややシフト
   →主婦という生活形態もまだまだありつつ、特に女性に対して仕事と家庭の両立が奨励されています。特に女性に対して奨励されることには違和感を拭えませんが。。

 3. シニア世代の生活
  1) 60歳を境に大きく減少する仕事
  2) 70歳後半以降、急速に体力低下
  3) 仕事時間が減って、テレビとレジャーが大きく増加
   →仕事に費やされていた時間がテレビかレジャーに向けられているのは、特に父親の様子を見ていると実感。
  4) 高齢者の身近なメディアはテレビ、新聞、ラジオ
   →やっぱり御三家。ネットはまだまだ。

 4. 睡眠
  1) 睡眠時間はどの曜日も減少基調
  2) 平日(7:14)<土曜(7:37)<日曜(7:59)
   →睡眠時間の長さはこの順番のとおり。
  3) 早寝・早起きが進行
   →長らくの間10時寝5時半起き。