英語辞書『20世紀クロノペディアhttp://amzn.to/1IgdoVX で学んだこと 2回目:過去に生まれた概念は社会的に再生産(再利用)されることがある。
 以下は辞書の転載。
 
「人間社会の様々な活動や流行は、当然ながら、特定の10年間と完全に一致するものではないが、それでも、そうした活動や流行がそれを示す用語と結びつけられると、その用語が記録されたときに、その活動や流行も絶頂期にあったように思われがちである。例えば、融和政策(appeasement)といえば、本質的に1930年代の現象と考えられがちであり、確かに1930年代はこの語が今日持つ否定的意味合いがまとわり付き始めた時代であった。しかし実のところ、その概念は1920年代に始まったものである。同様に、冷たい戦争(Cold War)の典型的な表現である鉄のカーテン(iron curtain)は1920年代にさかのぼることができる。新しい語が(しばしば専門家だけが知っている専門用語として)埋もれたまま数十年間のんびりと過ごした後、突然注目されるようになることは少しも珍しいことではない。例えば、greenhouse effect(温室効果)は1920年代に造られたが、気候学者でない人たちが耳にするようになるのは、1980年代に入ってからのことである。また、実際には存在していない事物について語ることができるということも、人間の言葉の重要な特徴の1つとして心に留めておくべきである。H.G.Wellsが194年にatomic bomb(原子爆弾)について論じているものを読むと、いまだに戦慄を覚えるのもそのためである」

 
 注:ここで取り上げられている単語のいくつかについて。
 1) 融和政策(appeasement):ヒトラー率いるナチスドイツの軍備増強・領土拡張政策に対する、当時のイギリス首相ジョゼフ・チェンバレンが推進した外交方針(ナチスドイツの主張を受け入れる代わりにナチスドイツの侵攻を抑止させる)を総称したもの。
 2) 鉄のカーテン(iron curtain):1946年にイギリス政治家ウィンストン・チャーチルが講演で東西冷戦の始まりを称して使った言葉として有名。
 3) 温室効果(greenhouse effect):地球の気温を上昇させる効果として二酸化炭素(carbon dioxide)がよく取り上げられる。