今年の5/2-4、東日本大震災の被災地三県(岩手県・宮城県・福島県)を視察しました。県ごとに報告します。今回も岩手県です。

 ■□■被災地三県を視察 5/2(水)■□■

  5/2(水)
  岩手県釜石市→岩手県山田町→岩手県折笠町
1. 岩手県釜石市を視察。

 釜石市役所。どうしても鯉のぼりも復興に結び付けて見てしまう。
 031_釜石31











 新しく建てた家に新聞を配達するおばちゃん。
 032_釜石32











 枝垂桜。
 033_釜石33














 北リアス線は今も運休中。来年4月1日に運行再開。
 034_釜石34














 復興支援の一環として釜石駅前にできたユニクロ。もちろん収益が見込めるから出店しているのだけれど、被災地で生活物資が手に入りにくい印象を受けただけに、ユニクロの志を感じました。
 035_釜石35











 釜石市と宮古市を運行するバスのチラシ。この運行バスも今回の訪問前にようやく復活した。
 036_釜石36














 ユニクロ前に出ていた釜石市の臨時窓口。津波で住宅が流された人に対する相談を受け付けていた。
 037_釜石37











 釜石駅。
 038_釜石38











 釜石駅前に建っていた復興記念のモニュメント「復興の鐘」。鐘をじゃんじゃん鳴らしました。
 039_釜石39











 JR東日本の岩手キャンペーン「イーハトーブいわて物語」。わんこそば君(名前を忘れた)のストラップをお土産にしました。
 040_釜石40















 次回は山田町周辺の様子です。