今年の5/2-4、東日本大震災の被災地三県(岩手県・宮城県・福島県)を視察しました。県ごとに報告します。今回も岩手県です。

 ■□■被災地三県を視察 5/2(水)■□■

  5/2(水)
  岩手県釜石市→岩手県山田町→岩手県折笠町
1. 岩手県釜石市を視察。

 釜石の大通りと思しき道路。応急処置的な修繕工事の跡があったものの、全体としては手つかずのまま。
 011_釜石11











 神奈川県厚木市役所から提供されたゴミ箱。震災直後に行われた、自治体からの支援の一例。
 012_釜石12











 1F部分が破壊されたままの建物。
 013_釜石13














 3F部分まで破壊されているにもかかわらず、取り壊されずにいる建物。破壊された建物が残っていると想像すらしていなかった。
 014_釜石14














 住宅跡地。津波によってすべて押し流されたと思われる。
 015_釜石15











 住宅跡地の入口だけが残る。
 016_釜石16











 工場らしき建物の跡地。津波の圧力によって破壊された外壁とひしゃげた鉄骨だけが残っている。
 017_釜石17











 パチンコ屋だったらしい建物跡地の入口。
 018_釜石18











 パチンコ屋だったらしい建物の内装。立ち入り禁止の立札をくぐって入った。建物の強度が危険で、いつ崩れるかわからないためだろう。「写真を撮っているこのときに崩れたら…」と思うと寒気がした。
 019_釜石19














 この高台が津波の防波堤になったのだろう。
 020_釜石20












 次回も釜石市の様子です。