昨年の10/1~10/9、イギリス・フランス・ベルギーに旅行しましたので、時系列で出来事を報告します。今回は10/4(火)の続きです。

 ■□■10/4(火)イギリス・フランス・ベルギー旅行結果のさわり■□■

  10/4(火)
  シャルトルを見学

 さわりの全部についてはこちらをご参照ください。
1. シャルトルを見学。

 お昼ご飯を食べようと入った中国系フランス人夫妻が経営する中華料理屋。20年くらいフランス滞在とのこと。香港留学にて身につけた片言北京語を使って会話を楽しみました。
 129_中国系フランス人夫妻の中華料理屋











 焼きそばと肉料理(だったはず)。お手頃価格で美味。
 130_焼きそばと肉料理











 シャルトル大聖堂近くの細い路地。
 131_シャルトル大聖堂周辺の街並み











 シャルトル大聖堂の中庭を下りて街の散策へ。シャルトル大聖堂を記念にもう一枚。
 132_シャルトル大聖堂4











 シャルトル大聖堂近くの階段。雰囲気がとても良かったので角度を変えて。
 133_シャルトルの街並み1














 階段を下り切ったところにあったレストラン。店内のお客さんが時間を満喫していたように見えて。
 134_レストラン@シャルトル











 シャルトルの町並み。小川がゆったりと流れています。
 135_シャルトルの街並み2











 シャルトルの町並み。壁の色がしっとり。
 136_シャルトル町並み3











 ここは印象深い場所です。この日は坂本真綾の『美しい人』を繰り返し聴きかつ口ずさみながら歩いていました。曲の美しさと街の美しさに気分良く、周囲の様子など全く気にせずノリノリでした。坂を上っていくと、後ろから声が聞こえたように思えて後ろを振り返りました。ちょうどこの坂の下にいた地元の女子高生らしきグループが、くねくね動きながら坂を上る宮田をパロッていました。彼女たちと目が合って、手を振るとたぶん「面白い奴だ」と笑顔で手を振り返してくれました。素敵な思い出。
 137_シャルトルの街並み4











 シャルトル大聖堂の塔へ上る。鋭角をアングルに入れて。
 138_シャルトル大聖堂の塔から1











 街の色並みが綺麗に揃っているのがヨーロッパの(古い)都市の特徴。落ち着きます。
 139_シャルトル大聖堂の塔から2











 塔を逆光に当てて、澄んだ空と塔の影を対比。
140_シャルトル大聖堂の塔から3














 塔から見下ろすシャルトルの町並み。
 141_シャルトル大聖堂の塔から5











 塔から見下ろすシャルトルの町並みをもう一枚。
 142_シャルトル大聖堂の塔から6











 シャルトル大聖堂の近くで先生の説明を聞く子どもたち。ゲルマン系・アフリカ系・中東系と入り混じる移民国家フランスの一側面を垣間見ました。外見・内面の異なる人々とともに育つ彼らには、自然と多様性と共存することへの抵抗が薄らいでいくように思いました。
 143_フランスの子どもたち











 この日はシャルトルを楽しんでパリへ戻りました。次はフォンテーヌブローに行きます。